現在、減塩食をはじめて4年半が経過。この先もずっとかと思うと……

「減塩食に切り替えるように」という指示をされて以来、もう4年半くらい減塩食を続けています。

はじめてそう指示された時は、「面倒臭そうだなぁ……嫌だなぁ……」と思いました。

自分の体のためなんだからというのはまったく頭になく、どうやって断ろうかという事ばっかり考えていました。

でも、毎回同じ事を言われる度に、少しずつ「そうだよなぁ、自分の体のためだもんなぁ」と思うようになりました。

そしてある日から突然、1日の3食すべてを減塩徹底するようになりました。

知識ゼロだしまともに自炊した経験もゼロだして、とにかく面倒臭かったです。

「なんでこうなった……こうなる前に、もっと自分の体のことを考えた生活をするべきだった……」と後悔ばかりしていました。

でも不思議と、減塩生活は続けられました。
面倒臭さはあいかわらずだったし、自分で作る減塩食はぜんぜん食べた気になれなかったですけど。
心のどこかでは、真剣に自分の体の心配をしていたのかもしれません。

そしてそんな生活を送っている中で偶然、減塩食宅配サービスの存在を知りました。

減塩食の宅配というのは、その名のとおり、減塩食を定期的に届けてくれるサービスです。
ほとんどの会社のサービスは冷凍で届くので、温めるだけで食べられます。
食べられなかった時も、そのまま冷凍保存しておけばOKです。

そういうサービスを利用するようになってから、かなり楽になりました。
メニューのことをいちいち考えなくて済むし、作る手間もなくなるし。

私の場合は1食分だけしかお願いしていませんけど、サービスによっては3食分全部を届けてくれるところもあります。

受け取る手間が必要とか、冷凍庫のスペースを占有するというデメリットはありますけど。
あと、自炊と比べると高くつくとか。

でも、手間が減って楽になった事を考慮すれば、受け取る手間や冷凍庫占有、費用にもじゅうぶん納得できます。

ただでさえ時間を使うのが下手なので、省ける手間はなるべく省きたいですし。

本当のことをいえば、今の自分みたいな状況になる前に、そうならないような生活をするべきだったんでしょうけど。
以前の私は、自分自身のことさえもどこか他人事で、あんまり真剣に考えることができていませんでした。

いまさら後悔してもしょうがないので、今後は真剣に考えて、最善の選択をしていきたいです。

とか言いつつ、減塩食以外にもいくつかの生活習慣を見直すように繰り返し言われているのですが、「それはまだいいかな」と先延ばしにしている自分もいますが……。